キャッシングと消費金融の金利の差

どうしても現金が必要な時には、まず大手金融機関のキャッシングサービスの活用がおすすめです。借入れを検討する際には、消費者金融も検討先の一つとなりますが、消費者金融 一覧と大手金融機関を比較すると大きな差があります。まず金利の差が最も注目すべき点です。金利は返済をする際に大きな差が出ますので、まずは両者の金利を比べてみましょう。借入れする金額や、返済する期間によっても金利は異なってきますが、まずは借入れする金額を元にシミュレーションをしてみると良いかもしれません。返済金額からみると金利が大きく付与される場合もありますので、具体的にどの程度の金利が必要となるかは重要な点です。
その他にも、借入れが出来る限度額も事前に確認をしておきましょう。法律で借入れ金額はその人の年収の3分の1までと決まっているため、それ以上は事実上借入れが出来なくなっています。しかし消費者金融の場合は、年収の3分の1以上借入れが出来る場合がありますが、その場合は要注意が必要です。実際に借入れをし、返済を考えたときに年収の3分の1以上を借入れした場合、返済が可能なのか検討する必要があります。借入れした金額以上に金利が付与されますので、その点にも注意が必要です。
金利を追加した上で返済金額を算出しておき、どの程度の期間で返済を行うのかプランを立ててみましょう。この様にキャッシングを行う際には、大手金融機関と消費者金融との差を事前に比較してみましょう。

短期借入金を長期借入金にするメリットはあります。

短期借入金は短期で返済できるので、支払う利息が少なくなるというメリットがあります。長期借入金は限度額まで借りたとしても、月々の返済額が少ないです。長期で返済していくと負担が少ないので、返済が難しくなったときに有効だと思います。長期借入金にするメリットはありますが、問題にならないくらいの多少のデメリットもあります。
長期で返済していくことにはメリットがありますが、多少のデメリットもあると思います。長期借入金にするデメリットは、返済期間が長くなることです。返済期間が長くなると、支払う利息が増えます。利息が増えること以外のデメリットはないので、それほど問題ではないと思います。消費者金融でも銀行でも、長期借入金にできます。
消費者金融の長期借入金は返済期間に開きがあります。返済期間の長い業者がいたり、返済期間の短い業者もいます。長期借入金は長くても13年ぐらいで返済できると思います。月々の収入が少ない方は、長期借入金にするメリットがあります。返済期間を長くすることで月々の返済額が減るので、収入の少ない方でも楽に返済できるようになります。
長期借入金にするメリットを最大限に生かせるのは銀行のローンです。銀行のローンは低金利なので、返済期間を延ばしても利息がそれほど多くなりません。消費者金融は小口融資が中心なので、短期借入金が良いと思います。銀行は長期借入金にすると良いです。金融機関によって、長期借入金か短期借入金か決める必要があります。

Categories: カードローン